head_img_slim
トップページ > 成長痛

成長痛

point01

 


 

成長痛の5つの予防法

1.日常からのケア

成長期の子どものカラダは、まだ軟骨部分が多く弱いため、運動などで繰り返し負担がかかるとその部分に炎症が起こりやすくなります。骨・腱・筋肉などに疲労が蓄積されると、オスグット病などのスポーツ障害が起こりやすくなります。
そこで普段からのケアがとても重要になります。ケアすることによって疲労が溜りにくくなり、成長障害の予防になります。

2.運動前のウォーミングアップ

運動前には特に筋肉を伸ばしてケガの防止に努めましょう。

3.運動後のクールダウン

運動後のクールダウンを怠れば、疲労がそのまま体の各部に残り、スポーツ障害を引き起こす原因となります。
運動後にクールダウンを行うことで筋肉疲労を軽減し、スポーツ障害の防止へとつながりますので必ず習慣づけるようにしましょう。

4.入浴で筋肉の疲労を蓄積させない

入浴には「温熱作用」「水圧作用」「浮力作用」と3つの作用があり、スポーツ後の疲労回復に効果的です。

5.食事

筋肉の質を維持することが大事です。
炭水化物をしっかり摂ってエネルギー不足を起こさないようにしましょう。靭帯、腱、骨、軟骨などを構成するコラーゲンやカルシウム、筋肉の緊張を抑えるミネラルなどをバランスよく摂取することが必要となります。

point01


ページトップに戻る